August 31, 2010

 いつも通る公園のいちょうの木の下に、久しぶりに行ってみました。

 みあげると、たくさんのいちょうの実がありました。たわわに実ったその実はまだ青いけれど、ぶどうの粒のようで、かわいらしく、宮沢賢治の童話を思い出しました。

『いちょうの実』

 宮沢賢治 作

 及川賢治 絵

 ミキハウス

 1,575円

 100%ORENGEの及川賢治が手がけた『いちょうの実』。この絵本が出版されたとき、及川賢治は宮沢賢治の文章に新しい光を当てたように思いました。

 文章に寄り添うように、突き放すように描かれた絵とデザインの美しさ...

August 29, 2010

 先週お友達のアトリエに遊びに行ってきました。

 越前に暮らす作家夫婦は、海が大きく広がる山の中腹にアトリエと住まいがあって、海が凪いでいるときも、荒れているときも、いつもいつも海と一緒です。

 水平線はまあるく、そこに沈む夕日を最後の光まで見逃さないように眺めたりしました。

 水平線も地平線も、京都の町の中では普段は見ることができないけれど、時々「地球は丸い」ということを確かめるために、ここに来たいと思いました。

『ちへいせんのみえるところ』

 長新太

 ビリケン出版

 1680円

 長さんの世界を理解できる...

August 27, 2010

メリーゴーランド店主のひげのおっさんこと増田喜昭が南青山のピンポイントギャラリーで、初の展覧会をします。

増田喜昭

ひげのおっさん図にのる 展

2010年9月1日(水)~ 9月11日(土)

5日(日)休廊

 増田は子どものころから、絵を描くのが好きで、教科書はいつもらくがきだらけ。鉄人28号なんて、今でもすいすいとかいてしまうのです!

 らくがきと、展覧会の絵とは別なのでしょうか?増田は大きなキャンバスを前にしても、立派な額縁を前にしても、絵を描く気持はかわっていないのだと思います。それくらい、力のぬけた線...

August 23, 2010

 

 子どもの頃からジーンズが大好きでした。

 四日市の国道1号線沿いに AMERICA BON というジーンズの名店があります。

 そこのおばさんはアメリカ人のジーンズのはきこなしかたを見に、70年ごろアメリカまで行ったなんて話をきいたことがあります。おばさんは、その人のおしりを見たら、ぴったりくるジーンズをみつくろうことができるのです。

 わたしも、5才くらいの頃、父につれられてジージャンを買いにいったのですが、まだ小さすぎてあうのがなかったのを覚えています。

 今のお気に入りはドミンゴのもの。8年目...

August 22, 2010

 おちびさん、はじめてピアノにさわりました。

 私は子どもの頃ピアノを習っていたのですが、とにかくいやでどうしても好きになれずに随分と苦しい思いをしました。「いやいややっていると、何ひとつ身につかないものなのだ!」ということを身をもって体感できたのはいいことだったと思います。この大きくて美しい楽器のことを、嫌いになってしまったのはもったいないと思います。

 白と黒の鍵盤を押さえたらいろんな音が出る!という驚きをもって、ピアノを知ってもらえたらいいなあと思います。

August 20, 2010

 tupera tupera のあっこちゃんとトコさんが店に遊びに来てくれました。二人に会うのはまだおちびさんがお腹にいた頃以来なので、1年半ぶりくらいです。トコさんはたくさんおしゃべりするようになっていて、びっくり!

 写真はおすすめの本をおちびさんに紹介してくれているところ。

 つかの間の再会を惜しむように、わたしたちはおしゃべりを楽しみました。

 次はカメヤマも一緒にみんなでご飯たべながら、ゆっくりしたいなあ。

August 17, 2010

 三重の実家からみょうがが一箱届きました。

 毎年、この季節から秋にかけて、父がみょうがを山ほど採ってきます。根っからの狩猟民族の父は、これから1年で一番忙しい季節を迎えるのです。

 スーパーで3つパックで売っているみょうがをいつも買えずにいるのは、この活きのいい、新鮮な野生のみょうがのおいしさを知っているから。

 箱をあけておくと、すかさずおちびさんはみょうがに手をのばし、さきっちょをかじっていました。

August 15, 2010

 「弦楽器なんて絶対に弾けっこない!」と思いこんでいた10代の自分にみせてやりたいと思うのですが、今のわたしはウクレレで歌を歌っています。

 10年くらい、ウクレレ2本とウッドベースのバンドをやっていて、今は一人で時々ライブをしています。

 去年の今頃も「産んだらしばらくできないから!」とライブをして、周りをはらはらさせていましたっけ。

お腹の中で聴いていたウクレレの音に近頃のおちびさんは夢中です。

August 10, 2010

 京都、東山の六道まいりと陶器市の時期は普段はやっていない、個人のお宅を解放してお店が開かれます。

 ふだん入ることのないお家をのぞくのって楽しいですね。

 琺瑯のこぶりのコップと煤竹のお箸を買いました。鳥獣戯画の清水焼のお皿などもあって、迷いましたが、今回はがまんしました。

 錦でお店をだしてみえる方のご実家を解放しての出店でした。はんぱものなどを安くならべてありました。

 きっとお店で並んでいたら、高いんだろうな。

 やっぱり欲しいな。今日までやな……。

August 8, 2010

 ちかごろのおちびさんのはいはいスピードは、どんどんと加速ぎみ。

 ねこたちのごはんの時間、「にゃーにゃー」の大合唱を合図に、

 まってましたとばかりに、3匹と並んで負けじとお皿を奪おうとします。

 今朝はついに、ねこたちが残した小さなカリカリのかけらをうれしそうに、ぱくりとやっているところを発見。

 もう一粒と手を伸ばしたところを取り押さえました。

 油断もすきも禁物であります。

『どんどん どんどん』

 片山健作

 文研出版

 1,260円

 歩き出して間もない子どもでしょうか、ひとりの子どもが、

 どんどん、ど...

Please reload