January 29, 2011

 

 福井県の越前に、わたしたちの大好きなご夫婦が暮らしています。冬の越前にみんなで遊びに行ってきました。お二人とも、おひびさんの成長をとても楽しみにしてくれています。

 前に来た夏のころは、歩行器だったのに、今ではどんどん一人で探検、点検、発見の連続。とても興味深そうにあちこち観察していました。

January 28, 2011

 フィレンツェからアレッシオがやってきました。夏のはじめに会ったっきりだったので、半年ぶりです。

 おちびさんに会うのを、とても楽しみにしてくれていたようで、このブログも「お気に入り」に登録して、いつも見てくれているそうなのです。おちびさんは最初こそ泣きそうになっていたのですが、すぐに思い出したのか、「はいっ」と言って両手をだし、だっこをせがんでいました。

 アレッシオはとても記憶力がよくて、私がつくったでたらめな子守歌を覚えていて歌ってくれるので、びっくりします。

 今回の滞在中は「なるべくおちびさ...

January 25, 2011

 今まで、おちびさんの服を買ったことがありませんでした。ありがたいことに、男の子のいる友だちがお下がりを回してくれるのです。

 近頃、いままでの服がすこしきつくなってきたので、股のところをスナップで止める服がほしいと思い、初めてGAPのベビー服売り場に行きました。もう春物が出ていて、冬物はすこしだけすみのほうにありました。

 女の子の服は本当にかわいらしく、わくわくしましたが、男の子はシンプルが一番と思い、サイズの合うものを3枚ほど買うことにしました。

 レジで会計をお願いすると、お店の人が合計金額を...

January 24, 2011

 あさちゃんがフィレンツェからのおみやげで、素敵なダッフルコートをくれました。

 しっかりとしたウールでフードもついているので、寒い毎日に大活躍です。

 ママアンナと一緒に選んでくれたそうです。ママアンナやアレッシオは、毎日このブログを見てくれているようなのですが、「おちびさんはいつもくつ下をはいていない!!」と嘆いているそうで、お正月の雪の日にくつ下を履いていたので、とても安心していたのだとか。

 先週からお腹の風邪をひいていて、調子のでないおちびさん。早く元気になってほしいと願うばかりです。

January 22, 2011

 ノムラテーラーで皮の切れ端が安く売っていました。こういう「なにか作れそう」なものに弱い私は、何色か買って押し入れにしまってありました。

 先日、この皮をまるく切り抜いて、裏にマグネットをつけてみました。冷蔵庫にぺたぺたとひっつけておくと、さっそくおちびさんが熱心に遊んでくれました。

 作った物を気に入って遊んでくれるとうれしいものですね。

January 21, 2011

 先日のお休みの日に、トビラノさんとあさちゃんと3人で京都みなみ会館へ映画を見に行きました。

 風は冷たいけれど、いいお天気だったので自転車で出かけました。

 みなみ会館へ行くのは、ほぼ1年ぶり。おちびさんがまだ3ヶ月くらいの頃どきどきしながら、どうしても観たかった前野健太出演の『ライブテープ』を観に行きました。

 今回は『海炭市叙景』 函館出身の作家、佐藤泰志の短篇小説を映画化したものです。日常の営みの中にある、悲しみや切なさが淡々と描かれていました。そして少しずつそれぞれの物語がリンクしています。...

January 16, 2011

 昨日1月16日、とても寒い日でした。

 そして、徳正寺にて宇野さんのレクチャーがありました。

 司会に作家の今江祥智さん、進行に増田喜昭が登場。

 お寺の本堂という空間、縁の深い宇野さん、今江さん、増田の会話はまさに、ここでしか生まれない特別な空気をめいっぱいはらんだものでした。ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

 15日は今江さんのお誕生日でしたので、宇野さんのイラストのシルエットを粉砂糖で描いたケーキでお祝いしました。

 2月5日(土)荒井良二さんのレクチャー(終了しています)もとても...

January 14, 2011

 フィレンツェに暮らす妹が帰ってきました。

 去年の夏の初めに遊びに行ったっきりなので、おちびさんに会うのをとても楽しみにしていてくれました。あの頃はまだ、離乳食を始めたばかりでした。ママ、アンナがパスタを作ってくれたのもあまり食べられなかったのに、いまでは麺類大好きで上手に「ちゅるっ」としています。大きくなったものだと改めて思います。

 もうすぐ弟アレッシオも帰ってくるので、にぎやかになりそうです。

January 9, 2011

 今朝、寒いなと思ったら、雪がちらちらと降っていました。

 今年はいつもよりしもやけがひどいのです。足がとっても冷たいおちびさん。くつ下を履かせるのですが、「はい、どーじょ」と言って、すぐに脱いでしまします。

 先日、初めてタイツを履かせてみたのですが、いくらひっぱっても脱げないので大変困った様子でした。

January 6, 2011

 母、恵子さんはそれはそれは丁寧に毎年おせちを作ります。

 「忙しい」とか、「今年は無理やわ」とか言いながらも、おせちがないと新しい年がやってこないと言わんばかりに台所に立ちます。毎年、はじめからちゃんとそばについて作り方を教わりたいと思いつつ、私も実家にゆっくりと居ることが出来ずに、すっかり甘えてばかりになっています。知り合いの一人暮らしの方へと小さなお重に詰めて、大晦日に届けていたこともありました。

 今年も恵子さんのおせちを食べ、新年を家族みんなで迎えられたことに感謝です。

Please reload