December 26, 2016

 毎度のことですが、我が家はクリスマスにはあまり積極的ではありません。父(僧侶)は年末だからかお参りが忙しく、母(本屋)は一年で一番忙しいたくさんのサンタのお手伝いシーズンだからです。

 しかし、だからと言ってやっぱり何もないのは気の毒かなと思い、ようようが4才の頃からささやかに何かが起こってきました。

 さて、小学生になった今年はどうなるだろう??と構えていたのですが、なんと寝る直前に「あ、サンタさんに手紙かいとかな」と言って何やら理解不可能なカタカナの物体の名前が書かれたメモをちゃぶ台に置いたの...

December 25, 2016

 仕事でバタバタしている私にあみちゃんが「クリスマス会しよ!」と声をかけてくれました。あみ家とは子ども同士が保育園の同級生。あみちゃんは名古屋、私は三重と東海地方出身。そして京都人の旦那さんを持つなどなどいろんな縁でふかーく繋がっているお付き合い。

 家にはないキラキラした立派なクリスマスツリーやケーキにようようもセツも大興奮でした。

 それにしても子どもたち大きくなったなぁ。ご近所にあみ家があってほんまによかった!これからもよろしくお願いします〜。

December 22, 2016

メリーゴーランド京都は木曜日定休日ですが、本日はクリスマス前なので11:00〜18:00営業いたします。29日も木曜日ですがお正月前なので11:00〜18:00営業いたします。新年は5日から通常営業です。サンタの皆さん、お待ちしております!

December 18, 2016

 最近寝る前に『しろくまちゃんのホットケーキ』を読むと、翌朝が大変なことになります。ご飯を炊いて朝食の準備をしていても、セツが起きてくれば案の定「ごはんいや! ホットケーキつくってーよ!」となるのです。

 ホットケーキは時間がかかるし、日曜日となんとなく決めているので私としては、平日はちゃちゃっと準備が出来て、お腹も体も満足するごはんでいきたいのですが、最近のセツはかなり手強い。みんなが食べだしても、セツの訴えを聞こえないふりしても、全く動じないのです。

 先日はついに材料を自分で揃えて、ボールに粉...

December 15, 2016

 ギャラリーで開催していたyamane daisuke個展「極北の動物誌」が終了しました。おかげさまでたくさんの方にご来場いただきました。大ちゃんや大ちゃんの作品を知っている人も、初めての人もたくさんありがとうございました。

 流木から生まれた作品たちはどれも一期一会。だからか特別気に入っている作品が売れると大ちゃんは「あ、売れたんですね…」となんとも残念そうな顔をしていました。

 我が家にも一頭白いけものがやって来ました。

どうしてか、大ちゃんの作品を見ているとその姿にみとれてしまいます。それは流木...

December 14, 2016

 先日トビラノさんに留守番をお願いして忘年会に行くことがありました。寝る準備をして布団に入って本を読み、二人とも寝たかな?というところで私が出かける支度をしていると、セツの目がぱっちりと開いて「じゅんちゃんどこいくん?おしごと?」と言うので、「そやねん、忘れてたお仕事があるから行って来るわ。せっちゃんは寝ててな」と言うと。「わかった、すぐにじゅんびするしな! まっててや!」と布団から出て来るので、「あかんねん、むっちゃ難しいお仕事やから今日は一人で行って来るわ」と言うと、「だいじょうぶやで、せっ...

December 13, 2016

  夕飯の支度はご飯が炊けるまでの20分位の間にやります。計画を立てて作り置きなどが出来ないタイプなので、家に帰って、あるものを見て決める直感型。

 野菜は料理する時に切りたいし、たくさん作り置きすると途中で飽きちゃったりするのも心配なのです。

 けれど時々この3つの容器に切り干し大根の炊いたんとかひじき煮など、ちょっとしたものを作っておくと気持ちの余裕が全然違います。 

 なので、この棚にこの容器が3つある時は作り置きはゼロ。冷蔵庫に3つあればおかずが3種類もあるという訳。街中に暮らしているので、足...

December 9, 2016

 メリーゴーランドと同じフロアにギャラリーギャラリーというギャラリーがあります。そこで個展をしていたしょうこちゃんと知り合ったのは9年ほど前。いつの間にかしょうこちゃんも私も男の子のお母さんになりました。造形作家の彼女は子育てをする中で子どもの頃お祖母さんが服を作ってくれていたことを思い出すように息子の服を作り始めます。

 私は二人のファッションが楽しみで、お店に来てくれるのをいつも楽しみにしていました。そんなしょうこちゃんが「スススコサン」というお店を始めました。

 HPにある「自分たちサイズの暮...

December 2, 2016

 エプロンにずっと憧れていました。「台所仕事をする時にエプロンの紐をキュッと結んで気持ちを切り替える」なんてかっこええなぁと思っていました。

 けれど私はなかなか気に入ったのに出会えないからか、エプロンをつけたことがありませんでした。

 家に帰って部屋着に着替えるのもめんどう。だけれど食事の支度をして、子どもたちと食べればどうしたってあちこちにご飯粒が付いたり、食べこぼしたり、ひどい時はようようがさり気なく近づいてきて、私の服で手を拭いたり(!)するのです。こんな日々にもんもんとしていたのですが、あ...

Please reload