September 27, 2017

 私たちが知り合ったのは、milkという雑誌のウェブサイトでのブログでした。いろんなジャンルの方が参加していたブログ。中でも奈緒さんの記事が更新されるのをいつも心待ちにしていました。今はTable talkというお二人のサイトでブログを

楽しんでいます。

 奈緒さんの文章は、読んでいて気持ちいいのです。それは奈緒さんが言葉を信頼していて言葉の持つ力を知っているからなのだと思います。なので日々の日記のような何気ない日常を綴ったものでも読んでいて心地いいのです。

 お二人が自費出版した『sketch』で対...

September 26, 2017

 mukuはリトアニアリネンを使ったリトアニアのブランドです。今や私の制服のような存在でmukuのパンツを年間300日履いていると言っても過言ではありません。

 年に2回、メリーゴーランドで受注会と即売会を開催するのですが、リピーターの方も多く、みなさん少しずつお気に入りを揃えていくのを楽しみにしていらっしゃいます。

 年齢も、体型も問わず、着る人に不思議と馴染むmukuのお洋服。私はネットに入れて洗濯機でお洗濯。生地が上質なのでアイロン無しで着られます。

 定番のサルエルパンツはゆったりとしたシルエ...

September 25, 2017

 夏にメリーゴーランドの昆虫キャンプに参加したようよう。その時に作家の今森光彦さんが切り絵をやって見せてくれたそうです。帰ってきてからすっかり切り絵に夢中になりました。

 私も扉野さんも切り絵はやったことがないから、何か聞かれても「???」「ようわからんわ〜」と言うしかないので、一人でせっせと挑戦していました。

 初めは簡単な形だけだったのに、気がつくとなかなか手の込んだものが出来ているので「すごいやん!」「なかなかええやん〜!」と言って感心していると、ようようが「な? すごいやろ? ようようがこん...

September 23, 2017

 アキがイタリアに帰って一気に秋がやって来たように思います。

去年はいつも小競り合いをして誰かが泣いていた3人組も今年は少し大人になったのか、割と仲良く遊んでいたように思いました。

 ようようが少しお兄さんぽい発言をちらほらとしていてその中に「せっちゃん!アキにいじわるしたらあかんで いとこなんやから!」というのがありました。

「そうかそうか ようようもそんなことを言うようになったんやなあ」と感心していたのですが、先日友達の家に遊びに行ったようようが、帰ってくるなり「じゅんちゃん、ともだちの家に行った...

September 18, 2017

 先日1泊2日で東京に行ってきました。朝一で馬喰町にて仕入れ、「お昼ご飯を一緒に食べよう」と知り合いを呼び出し、ゴーヤシャンプルー定食を食べる。その後婦人之友社にて座談会のお仕事。原宿に移動して美しい人とお茶をしながら束の間の休息。夜、シーモアグラスにて後藤美月の展覧会のためのいささか無謀な二人のトーク。なんとか無事にトークを終えて抜け殻のような美月と洞窟の女主人のお宅に泊めていただく。

 私は興奮しているのか意外と元気。女3人合宿のようで楽しい夜であった。

翌日、女主人の運転するバイクに乗っけても...

September 17, 2017

 あの頃、10年後も店があるなんて想像もできやんかったね。オープンしてしばらくは近くから遠くからたくさんの人が店を見に来てくれたし、「おめでとう」って言ってくれたし、嬉しい日が続いたんやけど、いつの間にか静かになって、誰もお客さんが来ない日は決して珍しくはなくて、自分で本を買ってレジを打ってなんとか売上が0だけは避けようともがいてみたりしていたね。

 ずっと一人で店番をしていたから、お弁当はカウンターでパソコンに隠してこっそり食べて、トイレは電話を持ってダッシュで行ったり、居合わせた知り合いにお店...

September 12, 2017

 先日、ようようの日曜参観に行って来ました。

道徳(?)の授業で、簡単に言うと二匹のカエルがケンカをしているシーンと仲直りをしているシーンの絵があって、それぞれ「どんな気持ちだったのかな?」との問いかけに子どもたちが手を上げて発表するというもの。

 ケンカのシーンでは「イヤなこと言われてかわいそう」とか「同じことされたらいやや」などなどいろんな意見が出ていました。

 さて、仲直りのシーン。肩を組んで楽しそうな二匹のカエルの絵を見て「どんな言葉が浮かびますか?」との問いかけに「なかなおり〜!」と答える人...

September 9, 2017

 8月27日、ようようのお誕生日でした。

今年のプレゼントは絶対スターウォーズで攻めようと思って、密かにTシャツやら本やらを集めていたのですが、間際になって「スケボーがほしい!」と言い出したので、これは章子さんと等さんにお願いすることになりました。

 ちょうど8月、お寺に建築家の加藤比呂史くんが京都でのプロジェクトのために逗留してました。この加藤くんがスケートボーダーだったので、ようようと一緒にスケボーを買いに行ってもらうことになりました。

 わたしが一緒に行ったら「こっちの方がかっこいいんとちゃう?...

September 8, 2017

 赤ちゃんの検診などで本をもらったことはありませんか?

 それはNPOブックスタートという活動です。発祥は1992年のイギリス。日本では2001年から始まりました。私がようようやセツを産んだ頃はまだ京都市ではブックスタートが始まっていなかったので、私は絵本をいただいた経験がないのですが、事業を行う地域に生まれた赤ちゃんには全て絵本が贈らられるというものです。

 この度「2018年〜2020年度ブックスタート赤ちゃん絵本選考委員」にお声がけいただき、様々な立場で赤ちゃんと絵本に関わる方々と一緒に2日間...

September 6, 2017

 セツ4才、アキ5才、ようよう8才。年に一度だけ会ういとこ同士。アキは夏のはじめに来た頃に比べて日本語がどんどん上手くなって、驚くばかりです。

 先日も私が「お魚にえさあげよっか」と言ったら「おさかなじゃないよ めだかでしょ!」と言われました。

 去年はようようの後をアキがずーとくっついていたので、ようようが「もう一人にして!」と言って掘りごたつの中に逃げ込んだり、意地悪ばっかりするセツに(なぜかセツはアキにとても厳しいのです)「もっとやさしくして!」と言って皆を驚かせたりしていたのですが、今年は3...

Please reload