January 31, 2018

 セツはもうすぐ5才になるというのに、トイレに一人で行きません。行けないのではなくて、行かないのです。私がいたらついて行くまでもじもじしながら「いっしょにいこー」と言い続けるので、いつも根負けして渋々ついて行っていました。

 便座に座ったらホッとするのかいつもこのタイミングで「質問」が出ます。

例えば「かにってむしなん?」とか「にんげんってほねでできてんの?」とか「じゅんちゃんはむかしおねえちゃんでいまは、ははおやなん?」などなど。

 これがなんだか面白くて、最近はこの質問が楽しみになってきました。こ...

January 30, 2018

 数年前までは朝洗濯機を回して、出勤前に干し、家に帰って取り込む生活でした。なので、雨が降れば慌てるし、冬などは暗くなってから取り込むと洗濯物は冷たくなっていて、乾いているのかどうかよく分りませんでした。

 冬は乾燥するので、風邪予防も兼ねて湿度が欲しいのですが、加湿器を備えるのはこれまた嫌なので、夜洗濯をして家の中に干してみたらどうやろ?と思い試してみると、とても良いのです。常に「一石二鳥」を追求している私ですので、夜の湿度対策として最高なのと、何より夕食時に洗濯機を回して干すと朝までになんとな...

January 23, 2018

 友人の小川奈緒さんがBlogで紹介していてずっと気になっていた映画「シェフ」をやっと観ることができました。私は本屋をやめることがもしもしあったら、料理人になりたいとずっと思っているので、(今でも許されるならバイトしたい)この映画はとても面白く興味深く観ました。ちょうどようようが学級閉鎖になっていたので、ようようもなんとなく誘って観たのですが、これが驚くほどハマって、なんと4日連続で観て、「次のおたんじょう日にはシェフナイフを買ってほしい」とか「フードトラックはどこに行けばあるの?」「じゅんちゃ...

January 21, 2018

 ある夜、横で寝ているセツが珍しく「せっちゃんもいきたい!」と寝言を言いました。寝ている人に話しかけるのは良くないと聞きますが、どんな夢を見ているのか気になって「どこに行きたいの?」と聞いてみると「コッコアトリエ」とはっきりと教えてくれました。朝になってその話をしても本人は「え?そうなん?」と全く覚えていないような風でしたが、きっとコッコアトリエの夢を見ていたのだと思いました。

 コッコアトリエはようようとセツが通う絵画造形教室のこと。素敵な魔女のようなおばさまたちが運営しているファンキーな教室で...

January 20, 2018

 ようよう8歳。2年生。

ある日台所にあったパン粉をみて「なあなあ、パンこってパンの子どもってことやんな?やでパンこって言うんやんな」と言います。最初はなんのことかしら?と思って聞いていたのですが、ようようが言うにはパンが小さく砕かれているから、小さいパン。だから「パンの子ども」を略して「パン子」だと思ったそうなのです。大人はすぐに漢字が浮かぶから「そんなバカな!」と思ってしまうけれど、なるほど面白いこと考えるなあと感心してしまいました。パンの子どもってなかなかええやん!

January 16, 2018

 本を出版したことがきっかけで、2017年はいろんなご縁がありました。その中でもちょっとした事件だったのがカルチャーセンターでの連続講座のご依頼を頂いたことでした。講演会や研修会でお邪魔する場合は、たいてい行政が主催の場合、参加費は無料です。ですが、カルチャーセンターの講座ともなれば3回で1万円弱も参加費がかかります。そこに果たしてお申し込みが来るのかしら!ととても心配でしたがありがたいことに講座が開講できるだけのお申し込みをいただき、10月から毎月3回の講座をやらせていただきました。

 同じ話を...

January 8, 2018

 ようようはエビ・カニが苦手。セツはエビ・カニが大好き。だからと言って時々よそで見かけたり口にするくらいで普段の食卓には登らないので、不思議なのですが、小さい時からそうなので生まれ持った好みのようです。

 年末、売り出しの広告を見ていたセツに突然「じゅんちゃん、かにってなになん?」と聞かれました。「何なんってどういう意味?」と尋ねると、「なにでできてるのってこと!」と言います。ますます難しくなって「うーんようわからんわぁ」と言うと、「あ!わかったかにはむしってこと?」と言うもんだから「いや 虫では...

January 5, 2018

 みなさま明けましておめでとうございます。

 今年も鈴木は書いて喋ってあちこちにお邪魔し、麻子さんは店を守りつついい店づくりを心がけたいと思います。私たちが心を掴まれて「たくさんの人に読んでもらいたい!」と思える本に出会えますように。いい本との出会いのお手伝いができますように。

 2018年もメリーゴーランドをどうぞよろしくお願いいたします。

Please reload