October 31, 2010

 先週とても寒い日がありました。

 朝起きて、台所へ行くと昨日仕込んでおいたパンがいつものように発酵しておらず、水もとても冷たかったので、もう冬が来てしまったのかと思ったほどでした。どのくらい寒かったかというと、部屋の中で手がかじかんで感覚がなくなってしまうくらいだったのです。

 パンはオーブンをすこし暖めて、発酵をうながし、めでたくこんなにかわいい立派なのが焼き上がったのでした。

July 15, 2010

 シチリアのパレルモから電車で30分ほど、バゲーリアという小さな田舎町で入ったトラットリアでのこと。

 「ちょうどパンが今焼けたところ」と気のいいおじさんが出してくれたのは、粉と塩と水で焼かれたシンプルなパンでした。

 表面にごまがまぶしてあって、とっても香ばしくておいしかった。

 その焼きたてパンをが籠に盛って出されたとき、これから出されるであろう食事のことを考えてそれはそれは興奮したのでした。

 西アフリカのナイジェリア。北のほうにある町の小さな通りアバディ。

 そこにある小さなパン屋さんの一日の物語...

Please reload