• JUN SUZUKI

ご近所付き合い

 まだまだ暑いなぁ!まだまだスイカいけるなぁ!

 私が前に暮らしていたのは、路地にあった古い町家でやっぱり両隣は老夫婦やったわ。

10年くらい住んでたんやけど、その間にお隣のご主人が亡くなったり、親しかったおばさん

が少しずつ呆けてきたりして、身内が近くにいないとなると頼れるのは近所の人たちって感じ

がした。

 私が越してきた時は元気でとても世話好きなおばさんがいて、初めの頃は「一人でこの家は

大きすぎるやろに」と心配してくれたり、結婚して子どもが生まれた時はそれはそれは喜んで

くれて、紙おしめに熨斗つけて持ってきてくれたり、すごくお世話になったん。

 ようが産まれた時は「組で産まれた20年ぶりの赤ちゃんや!」と言われてびっくりしたんよ。

 それがいつの頃ころからか、「これ食べるやろか?」って同じぶどうパンを何度も持ってきて

くれるようになって、賞味期限を見るとひと月も前に切れてるん。なんだかおかしいなと思い

つつも、見守るしか出来やんくって切なかったわ。

 いっちゃんの「買い物の代行だって喜んでやる」の一言はほんまに心強いわ!ちょっとした

声かけや心配りが今特に大切なんやと思う。どうぞ返事が来ていい行き来が生まれますように。


 ところで、冷蔵庫大きすぎて入らんかったんやって? 私もサイズ測らずに決めちゃいそうで、

なんか笑ってしまった。

 奇跡的にぴったりくる時もあるんやけどな。その逆も然りやな。




7才のセツが夏に野球を始めたんやけど、宿題の絵日記をみて「これは!」と写真撮った。

間違ってるのに読めちゃうってすごいなぁ。思わず発音してみたわ。



コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。