• Jun

ストーブ


 ある朝、おちびさんを保育園に送って、いつものように木屋町を通り、店に向かう途中のことでした。

 何気なく目に飛び込んできたのがありました。

 箱に入っていて、頭だけのぞかせていたのですが、これはひょっとして、私の探し求めていた「POD」ではないか! と、ドキドキしながら近づいてみると、まさしく「POD」のストーブなのです。しかもとてもきれいな状態。まるで新品のよう。しかもそのストーブには、「大型ゴミ回収希望」の紙が貼ってあるではありませんか!

 家の中から人の声がするので、勇気を出して声をかけるとかんじのいい老夫婦が出て見えたので、「このストーブ、ゆずっていただけませんか?」と尋ねると、「もう30年も使ったのに、まだまだ使えるから捨てるのはしのびなかったんやわ、でも石油を入れるのがおっくうになったさかいに。若い人に使ってもらえるなら願ってもないわ」と言って、快くゆずってくださったのです。

 聞けばお子さんが生まれた時、小児科に置いてあって側面が熱くならないし、安全だからと買い求めたそうです。

 「うちの子は1才なんです。すごくうれしいです」とお礼を言うと、「じゃあこれももっていきよし」とおまるも渡してくださいました。どれもきれいにとってみえて、物を大切にすることは、生活を大切にすることなんだなと改めて感じました。

 なにより、これから冬が来るのが待ち遠しくてたまりません。


51回の閲覧

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。