• Jun

おちゃのじかんにきたとら


 久しぶりに会ったので、あれこれとおしゃべりはつきません。

イタリアで仕入れてきた、ドライトマトやケッパーの塩漬けでパスタ、そしてサラミとチーズで夕ごはんもいっしょに食べていってくれました。

 「いまうちの近くにいるから」と友人から電話がありました。

 とても濃厚なチョコレートケーキをおみやげにくれたので、お茶を入れていただきました。

『おちゃのじかんにきたとら』

童話館出版

1470円

 ソフィーとお母さんが台所で、お茶の時間にしようとしていると、突然玄関のベルが鳴ります。ドアを開けてみると、そこにはおおきくて、けむくじゃらのトラが立っているではありませんか。

 トラは「お茶の時間にご一緒させていただけませんか?」と言い……。

 突拍子もないことが、突然起こるのが子どもの本の世界の魅力。そしてそれらをおおらかに、時にはあたりまえのように、受け入れる懐の深さもまた子どもの本の世界の魅力なのです。

 さて、トラを招いてのお茶の時間は一体どうなったんでしょうか……。

 美しい色彩と、ユーモアあふれるストーリー。私のお気に入りの一冊です。