• Jun

冬!


 子どもの頃から冬になると必ず手も足もしもやけになります。しもやけの辛さはなる人にしかわからないと思うのですが、「たかがしもやけ されどしもやけ」なのです。大人になってから手にはならなくなったのですが、京都に越して来た初めての冬にびっくりするほどひどくなり、それから私と「京都の冬」との戦いが始まったのです。暮らしていたのも外より寒い町家でしたし、店もとても冷えるので、誰かに「欲しいものなに?」と聞かれるたびに「床暖と日当たり」と答えていました。

 セツが私に似て手足が冷たく、しもやけになるのでかわいそうで仕方ありません。すっきりと治る方法はただ一つ「春になるのを待つ」しかないのですが、クリーム塗ったり、足湯したり、マッサージしたりしています。

 先日友人である蟲文庫の美穂さんが「京都の寒さは膝下がものすごく冷える」と言っていたのでなるほど!とお腹の底から納得したのでした。

 早く春こやんかな〜。


297回の閲覧

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。