「声が違うね」


 店番をしていると海外からのお客さんが「郵便局で買ったんですよ」と『ぐりとぐら』の切手シートを見せてくれました。「これは絵本の絵なんですよ」と言って『ぐりとぐら』を紹介していると、電話が鳴りました。

 出るとセツからで「じゅんちゃん!しゅくだいでわからんねんけど、こたえおしえてくれる?」と言います。算数の問題をしているようなのですが、説明が難解な上、電話ではうまく説明出来ないので、「帰ってからね」と伝えて電話を切りました。

 その様子を聞いていたお客さんが「子どもさん?」と言うので、「日本語なのにどうしてわかるの?」と尋ねると「あなたの声が全然違うもの」と言われて急に恥ずかしくなりました。そんなつもりはないのに、確かに声が違うのかもしれません。

 そう言えば、英語を喋っている時と日本語を喋っている時では声が違うと言われた事がありました。英語を喋っている時は知らず知らずのうちに頑張っているのかもしれないなと思いました。


379回の閲覧

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。