• 植本一子

第二波

潤ちゃんこんにちは!前回の日記に書いてたのは、柳宗理のミルクパンやね。うちにも同じものがあります!やかんもあるんだけど、やかんの取手の持ち手が焦げてる。亡くなった石田さんの仕業です。焦げた時って悲しいよねー。持ち手の部分だけの交換はさすがにできない気がして、一回見るのも嫌になって捨てようとしたんだけど、ゴミ捨て場まで持って行って、やっぱり引き返したことがある。結局今でも現役。ふと、「傷を愛せるか」ってこういうことなのかなーと思った。

しかし真っ黒な鍋はかっこいいね。私は磨くのも結構好きでやってしまうから、そこまでにはなったことないけど、渋いな〜!と思ってしまった。磨いたら磨いたで気持ちいいし、捨てなくてよかった。(そういえばこの前会ったほしよりこさんが「潤ちゃんって収納がめっちゃ上手やんな〜!」って言ってたよ)


さてさて、東京では連日200人超えの感染者数で、これがいわゆる第二波なんでしょうね。今日の天気は、雲があるけど日差しが見えています。先週まで本当にずーーーっと雨で、気分がだいぶ参ってた。私はnoteに日記を書くようにしていて、最近落ち込んだりしたことも書いたから、読んだ人が心配してくれたんだけど、先週末かな、やっと空が晴れて。それと同時に、私も外に出ようって思って、美術館に行ってみたり、友達と会ったりしてたら、気分がすこーんと変わった。やっぱりこれまで、コロナでずいぶん人に会ってなかったし、だいぶ恐る恐る生活してたから、久しぶりの美術館は行くだけで感動したし、友達との飲み会は最高に楽しかった。あー、人に会ったり出かけたりするのって、やっぱり尊いことなんだ、って改めて思ったんだよね。今は本当に元気。新しい生活様式ってなんじゃいと思ってたけど、マスクはもちろん、こまかく手を洗ったりしながら、必要以上に恐れずに外に出ていこう、と誓いました。もう感染するかしないかは、どれだけ気をつけても、ロシアンルーレットみたいなところがあるし、だからこそ感染した人のことは責めない、感染したとしても自分を責めない。私はそんな風に考えています。




東京は新盆が終わりました。

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。