どんどんどんどん

August 8, 2010

 ちかごろのおちびさんのはいはいスピードは、どんどんと加速ぎみ。

 ねこたちのごはんの時間、「にゃーにゃー」の大合唱を合図に、

 まってましたとばかりに、3匹と並んで負けじとお皿を奪おうとします。

 今朝はついに、ねこたちが残した小さなカリカリのかけらをうれしそうに、ぱくりとやっているところを発見。

 もう一粒と手を伸ばしたところを取り押さえました。

 油断もすきも禁物であります。

 

 

 

『どんどん どんどん』

 片山健作

 文研出版

 1,260円

 

 

 

 

 歩き出して間もない子どもでしょうか、ひとりの子どもが、

 どんどん、どんどん、

 そりゃあもうどんどんとひたすら歩いていくだけの絵本。

 そこにはだれにもじゃまされず突き進む、力強さと底知れぬパワーを感じるのです。

 子どもがどんどんと進むのを大人であるわたしは、じゃましないように、見守っていきたいと思うのです。

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload