劇団「針の穴」

October 23, 2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10月21日、22日の二日間、劇団「針の穴」の京都公演が徳正寺にて開催されました。今回座長の宇野亜喜良さんが体調を崩されて(風邪をひいてしまったのです)急遽休演となり、とても残念でしたがその分出演者の野村直子さん、寺門孝之さん、下谷二助さん、ささめやゆきさん、網中いづるさん、ピンポンギャラリーの西須さん映像スタッフの佐野くん、宇野さんの映像作品に参加した今村紗緒里さん、そして京都スタッフもいい時間をお客さんに過ごしていただきたいという想いで挑みました。終演後「宇野さんに観てもらえなかったのが残念だった」と皆んなが心から思えた素晴らしい公演となりました。

 宇野さんに会うのを楽しみにされていた皆さんには本当に申し訳なかったのですが、6年間の「針の穴」公演を全て観てきたお客様から「今回は本当に特別で素晴らしかった」と言っていただいてうれしくほっとしました。

 劇団「針の穴」は残念なことにこの京都公演で解散となります。宇野さんの思いつきがどんどんと広がり、いろんな人を本気にさせて、そして奇跡のような時間が生まれたのだなと思いました。そして本来まとまるはずのない素敵にわがままで、最高にかっこいいメンバーを見守り叱咤激励し、「針の穴」を育ててきた西須さん。本当に素敵でした。

ありがとうございました!

 「針の穴」メンバーによる展覧会は22日よりメリーゴーランドギャラリーで開催しております。このメンバーの作品が一堂に会する展覧会はなかなかありませんので、どうぞお見逃しなく!(宇野さんの描き下ろし作品もあります!)

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload