鹿のような生き物

December 15, 2016

 ギャラリーで開催していたyamane daisuke個展「極北の動物誌」が終了しました。おかげさまでたくさんの方にご来場いただきました。大ちゃんや大ちゃんの作品を知っている人も、初めての人もたくさんありがとうございました。

 流木から生まれた作品たちはどれも一期一会。だからか特別気に入っている作品が売れると大ちゃんは「あ、売れたんですね…」となんとも残念そうな顔をしていました。

 我が家にも一頭白いけものがやって来ました。

どうしてか、大ちゃんの作品を見ているとその姿にみとれてしまいます。それは流木という自然が長い時間をかけて作り上げた偶然の形からできているからなのか、その形を、その時間を感じながら大ちゃんが作品にしていくからなのか。

 普段は五条モールにアトリエを構えている大ちゃん。アトリエは見学も出来るそうなので、一度訪ねてみてはどうでしょうか?惹きつけられる秘密が潜んでいるかもしれませんよ。

 

 明日は2016年最後の展覧会となります。「みやこしあきこ個展 ものがたりがはじまる」の設営です。

私はみやこしさんの絵本が大好き。夏にはポポタムで対談もさせていただきました。絵本の世界とはまた一味ちがう作品にも出会える展覧会にどうぞおはこびください。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload