下駄とハイヒール

March 26, 2017

 少し前のこと、トビラノさんが博物館に行ったら「下駄では入場できません」と言われたと言っていました。「え〜そんなことあるん?」と半信半疑だったのですが、先日国立国際美術館にクラーナハ展を観に行った時、お袈裟姿のトビラノさんが入り口で「お客様、下駄での入場はできませんのでスリッパを貸し出しておりますが、いかがですか?」と言われました。「音を立てないように歩きますので、このまま」と言って入れてもらいました。私たちの後からハイヒールの女性がカツカツとやって来たけれど、係りの人は何も言いませんでした。

 決まり事って不思議やなあと思いました。大切なことは下駄かどうかではなくて歩くマナーのことのはず。ちょっと意地悪して「ハイヒールやブーツの人には「スリッパいかがですか?」となぜ聞かないのですか?」と聞いてみたいと思いました。「そんなこと言ってられないでしょ?」と言われそうやけど・・・。

 自家製のライトセーバーを持っていたようようは「お持ちのものをお預かりいたしますね」と番号札をもらっていました。これは納得。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload