心臓

January 23, 2019

 野生の鹿の心臓を食べた。

三重の友人が仕留めた鹿や猪の肉をよくいただくのだけれど、心臓は初めて。袋には一目で心臓とわかる塊が2つ入っていました。ちょっとドキっとしている私を横目に恵子さんがスライスしてにんにくで香りをつけたオイルで焼くと、ようようとセツは奪い合うように食べていました。もちろん私も。

 口にするとしっかりと弾力があって、とても美味しい。「ハツ」なんて肉屋さんのような呼び方ではなくてちゃんと「心臓」と呼びたくなるほど特別なものを食べているような気分になりました。この心臓の主の鹿は山でどんな暮らしをしていたのかなとか、たくさんたくさん走ったんだろうなとかいろんなことを考えました。

 大きな生き物の肉を食べるというのは私にとってちょっと緊張する出来事でした。食品売り場で売っているパック入りのスライス肉ばかりを食べていたら絶対に感じなかっただろうと思いました。自分で狩をして、さばくことが出来たら、考え方や生き方が変わるに違いないと思いました。

 とても美味しくて衝撃的で刺激的思いをありがとう!心臓!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload