山下道ラジオ

YAMASHITA  HIKARU

山下陽光 × 下道基行

SHITAMICHI MOTOYUKI

オンデマンド配信(76日まで)
625収録 @徳正寺
チケット:1,500 yen
<オンラインストア>よりダウンロード
on-line store
2022 625(土) 〜 76日(水)​
10:00-18:00 (最終日は17:00)
空間構成:
下道基行 したみち もとゆき

途中でやめる
ポップアップショップもオーペンします!

ギャラリートーク(自由参加)
6
25(土) 17:00-17:40

思いついた

  ことやる

  実験室

山下陽光

YAMASHITA  HIKARU

YAMASHITA_HIKARU_photo_edited.jpg

                  YAMASHITA HiKARU      sHITaMICHI mOtoYUKI              
山下陽光 × 下道基行 
山下道ラジオ
─────────────────────

オンデマンド配信

2022年 6 月 25 日(土)の収録です

─────────────────────

チケット:1,500(税込)

─────────────────────

チケットご購入は

メリーゴーランド オンラインストアにて

──────────────

  
​☞ on-line store

プロフィール

山下陽光(やましたひかる)

1977年、長崎県生まれ。文化服装学院を出て、劇団員や借金取り、Tシャツのプリント工場勤務などを経て、2004年に途中でやめるという手作りのクオリティ低め、値段低めの服を作ったり、2005年松本哉らと素人の乱を高円寺で始める。2013年に長崎県大村市に転居、2017年より福岡市在住、2022年より新大久保。下道基行、影山裕樹との新しい骨董、コロナ中に下道基行と始めた山下道ラジオ。戦後間無し原爆ドームを背景に「アトム書房」と看板を掲げたバラック建の謎の書店をダダオと追い求めるルポルタージュなど、思いついて、やってすぐ飽きることを生まれてからずっと繰り返してきた軌跡は数えきれず。アルバイトをやめて好きなことだけして生きるためのワークショップの内容をまとめた「バイトやめる学校」(タバブックス, 2017)、ワクサカソウヘイとの対談に『ふざけながらバイトやめる学港』(汽水空港, 2020)

 

下道 基行(したみちもとゆき)

2001年武蔵野美術大学造形学部油絵科卒業。2003年東京綜合写真専門学校研究科中退。砲台や戦闘機の格納庫など日本各地に残る軍事施設跡を4年間かけて調査・撮影し、出版もされた「戦争のかたち」シリーズ(2001-2005)や、アメリカ・台湾・ロシア・韓国など日本の植民地時代の遺構として残る鳥居を撮影した代表的なシリーズ「torii」(2006-2012)など、旅やフィールドワークをベースにした制作活動で知られる。彼の作品は、風景のドキュメントでも、歴史的な事実のアーカイブでもない。生活のなかに埋没して忘却されかけている物語、あるいは些細すぎて明確には意識化されない日常的な物事を、写真やイベント、インタビューなどの手法によって編集することで顕在化させ、現代の私たちにとってもいまだ地続きの出来事として「再」提示するものである。

〒600-8018
京都市下京区河原町通四条下ル
市之町251-2寿ビルディング5F

mail:mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp

tel/fax:075-352-5408