石川直樹

オンライン・レクチャー

on-line LECTURE

*

2020

2020613日(土)19:00 - 21:00

(当日18:15頃より開場、配信テストを行います。)

オンライン配信(ZOOMによる配信)チケット制

526日(水)13:00  より

オンラインストアでチケット購入ができます。

 Zoomレクチャー1回目は、写真家の石川直樹さんにご登場いただきます。
 コロナ禍が起きなければ、トーク日の前後にヒマラヤへ向けて出発していたはずの石川さん。海外はもちろん、国内を旅することも叶わず、こんなにも長く東京から出なかったことはなかったそう。そんな今までにない状況の中で、何を見つめ、考え、撮ってきたのか。この数か月の日々を写真とともに語っていただきます。

 また、5月に発売された、シェルパの少年を主人公にした絵本や、しばらく絶版になっていた『富士山にのぼる』が増補され、新たに刊行されたエピソードについてもお伺いしたいと思います。どうぞお楽しみに。

──────────────

1. チケットのみ ¥2,500-(税込)

STORES_logoMark_black_edited.png

チケットとサイン本のセット(送料無料)

2.絵本『シェルパのポルパエベレストにのぼる』(¥1,980- <税込>+ チケット ¥4,480-(税込)

本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

STORES_logoMark_black_edited.png

『シェルパのポルパ エベレストにのぼる』

文/石川直樹, 絵/梨木 羊

岩波書店, 2020年, A4, 上製, 32ページ

¶ヒマラヤの山々をながめて育ったシェルパの男の子、ポルパは念願のエベレスト初登頂をめざす。

3.絵本『富士山にのぼる』(¥1,540- <>+ チケット ¥4,040-(税込)

本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

STORES_logoMark_black_edited.png

『富士山に のぼる 増補版』

写真/石川直樹

アリス館, 2020年, A4変形版, 40ページ

¶2009年に出版された写真絵本「富士山にのぼる」が、新しい写真など8ページを追加した増補版として発売されます。

4.写真集『EVEREST(¥5,280- <>+ チケット  ¥7,780-(税込)

本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

STORES_logoMark_black_edited.png

EVEREST

写真/石川直樹

CCCメディアハウス, 2019年,

A4変形版, 上製クロス装, 128ページ

¶2011年のエヴェレスト遠征を中⼼に、その後のローツェ、マカルー遠征などヒマラヤ⾏の際に撮影された写真を加えて構成された、石川の「EVEREST」写真の集大成となる写真集。

☞ オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。

☞ チケットをご購入の方に、配信URLをお送りいたします。

☞ サイン本のセットをご購入の方は、本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

☞ やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。

☞ Zoom の参加方法はこちらをご覧ください。

延期された4/11(土)の講演会告知もあわせてお読みください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

藤原辰史 講演会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

植物考:人文学の視点から

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春秋社ウェッブ連載「植物考」の中間報告

https://haruaki.shunjusha.co.jp/categories/770


¶ 植物を彫刻作品のようにとった写真家、植物のダンスを記録し、植物の知性を捉えた植物学者、植物になりたいと思った主婦を描いた小説家から、直耕という概念で土壌と腸と同時に論じた江戸時代の哲学者からヒントを得て、植物を上から目線でしか捉えないこの社会を再考する。とともに、太陽と水を求める植物の生態から、さらに「人間は腸に根を張った動く植物である」という観点から、人間のあるべき組織論を考える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

¶ 4月11日(土)に予定しておりました当講演会は、講師藤原辰史さんと相談のうえ、本日(3月27日)付で延期することを決定しました。延期開催の日程は未定です。

 とはいえこの延期を奇貨として、新型コロナウイルスの世界流行を、藤原さんが演題にあげられた「人文学の視点」に立って、人間のあるべき自然への対し方を見直すきっかけにして行きたいものです。生きた教養を鍛える貴重な時間だと思い、そう遠からぬタイミングで、藤原さんのここから展開する「植物考」が聞けることを願っております。なお、ここまでの「植物考」は、下記ウェブサイト(春秋社)の連載で読むことができます。

 https://haruaki.shunjusha.co.jp/categories/770

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〒600-8018
京都市下京区河原町通四条下ル
市之町251-2寿ビルディング5F

mail:mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp

tel/fax:075-352-5408