本を選ぶ

 私は本を選ぶのが好きだ。

 店に立っていると日々お客さんから選書の相談をされる。

その人がどんな本を読みたいと思っているのか、どんな本を贈りたいと思っているのか、どんな本との出会いを求めているのか交わす言葉にそのヒントがないかとじっと探る。

そのうちあの本、この本と頭に浮かんでくるので、その何冊かをお客さんに紹介する。

 すぐに気に入ってもらえる時もあるし、なかなかピンときてもらえない時もある。紹介したいのに、店で切らしていることもある。そんな時はとても残念な気持ちになる。

おすすめする本は自分が気に入っているものに偏るので、うちの店のベストセラーは世の中のそれとはまったく交わることがない。私が好きな本、おすすめしたい本=ベストセラーというわけ。

「この前選んでもらった本、孫がとても気に入って何度も何度も読まされるのよ」とか「いつもは子ども本を選んでもらうのだけれど、今日は私のために何か選んでください」などなどうれしい言葉をお客さんからもらう度に本とかたい握手を交わしたような気持ちになるのだ。

 私にとって本を選ぶということは、本と誰かの出会いをお手伝いすることなのだろうと思う。

photo: ISHIKAWA Natsuko