「旅立つということ。そして……。」

──────────────────────────────────────────

40回土門拳賞受賞記念イベント

大竹英洋 写真集

THE NORTH WOODS ノースウッズ

   生命を与える大地(クレヴィス、2020

──────────────────────────────────────────

OTAKE HIDEHIRO                     

大竹英洋​レクチャー

──────────────────────────────────────────

───────────────

5 30 (日)

───────────────

(13:30 開場) 

14:00 開演 

(16:00 終演)

───────────────

at TOKUSHOJI

徳正寺

───────────────

 

 

オンライン参加者は下へスクロールしてください。

───────────────────────────────────────────────────────────────────

第一部:『ノースウッズ 生命を与える大地』

大竹さんによるスライドとお話

───────────────────────────────────────────────────────────────────

第二部:『そして、ぼくは旅に出た。 はじまりの森 ノースウッズ』

聞き手:松田素子(編集者)

───────────────────────────────────────────────────────────────────

会場:徳正寺本堂

〒600-8051 下京区徳正寺町39

会費:2,500円

定員:25名

───────────────

ご予約はメリーゴーランドKYOTO

mail:mgr-kyoto@globe.ocn.ne.jp

tel/fax:075-352-5408

───────────────

新型コロナウイルス感染症予防のため会場の換気を徹底し、座席は間隔を広めに確保いたします。

また消毒液を用意しておりますので手指の消毒とマスク装着のお願いを申しあげます。

ご来場に際しては体調のすぐれないお客様は参加を控えていただきますようお願いいたします。

 

 

&

オンライン・レクチャー

on-line LECTURE

*

vol.8

日時2021 530日(日)14:00 - 16:00

オンライン配信は当日13:15頃より開場、配信テストを行います。)

オンライン配信(ZOOMによる配信

──────────────

参加費(オンライン):2,000円

チケットご購入は

メリーゴーランド オンラインストアにて

定員:50名

──────────────

​☞ 詳細はこちら

以下のオンライン・レクチャーのチケット 1-3 

メリーゴーランド オンラインストアからお求めください

1. チケット(オンライン・レクチャー)のみ ¥2,000-(税込)

STORES_logoMark_black_edited.png

チケットオンライン・レクチャーとサイン本のセット(送料¥200-

2.ノースウッズ 生命を与える大地(¥2,750- <税込>+ 送料 ¥200- + チケット ¥4,950-(税込)

☞ 本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

STORES_logoMark_black_edited.png

『ノースウッズ-生命を与える大地-』

大竹英洋 写真・著

クレヴィス, 2021年, B4変形(238×240×17mm), 上製, 216ページ

¶大竹英洋が20 年に渡り取材するノースウッズ。それは北米の北方林、つまり、アメリカとカナダの国境付近から北極圏にかけて広がる地域のこと。世界最大の原生林の一つでもあるこの地には、カリブーやオオカミ、ホッキョクグマなど、様々な野生動物が生息しています。カナダ初の世界複合遺産「ピマチオウィン・アキ」を含む恵みの大地で、旅をつづける写真家の眼と心に映ったもの……

クレヴィスHPより

3.『そして、ぼくは旅に出た。』(¥2,090- <>+ 送料 ¥200- + チケット  ¥4,290-(税込)

☞ 本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

STORES_logoMark_black_edited.png

そして、ぼくは旅に出た。

大竹英洋

あすなろ書房, 2017年, 四六判, 424ページ

¶東京で育った一人の若者が、なぜ大きな自然に憧れ、写真家を目指すようになったのか。そしてなぜ、他ではなく、北米に広がる森と湖の世界へと旅立ったのか。
森の香り、波の音、動物たちの気配……。
フィルムに収めきれなかったすべてもまた、体にしっかりと刻み込まれていく。

あすなろ書房HPより要約

☞ オンライン配信をご覧いただくには、インターネット環境が必要です。

☞ こちらのイベントはZoomの「ウェビナー機能」を使って配信いたします。

☞ 当日、開始45分前より開場(配信テスト)しますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。当日のお問い合わせは、お電話にてお願いいたします。(075-352-5408)

☞ チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のURLより、Zoomの「ウェビナー登録」をすると、配信をご覧いただけます。

☞ 本イベントはライブ配信限定です。イベント後の録画配信などはいたしませんので、予めご了承ください。

☞ サイン本のセットをご購入の方は、本をお送りしますので、必ず備考欄にご住所をご記入ください。

☞ やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。

☞ Zoom の参加方法はこちらをご覧ください。

大竹英洋(おおたけひでひろ)

1975年京都府舞鶴市生まれ、東京都世田谷区育ち。一橋大学社会学部卒業。1999年より北米の湖水地方「ノースウッズ」をフィールドに野生動物、旅、人々の暮らしを撮影。人間と自然とのつながりを問う作品を制作し、国内外の 新聞、雑誌、写真絵本で発表している。2018年、写真家を目指した経緯とノースウッズへの初めての旅を綴ったノンフィクション『そして、ぼくは旅に出た。 はじまりの森 ノースウッズ』(あすなろ書房)で「第7回梅棹忠夫・山と探検文学賞」受賞。2019年、カラフトフクロウの営巣を捉えた作品で「日経ナショナル ジオグラフィック写真賞2018 ネイチャー部門最優秀賞」受賞。2021年、撮影20年の集大成であり、自身初の写真集『ノースウッズ 生命を与える大地』(クレヴィス)にて「第40回土門拳賞」受賞。

www.hidehiro-otake.net

 

松田素子(まつだもとこ)

1955年山口県生まれ。偕成社にて「月刊MOE」の編集長を務め、1989年に退社。その後フリーランスとして絵本を中心に300冊以上の本の誕生に関わってきた。多くの作家のデビューに編集者として立会い、自身も翻訳者・著者として活動している。『そして、ぼくは旅に出た。 はじまりの森 ノースウッズ』編集者でもある。