• 植本一子

未来は女性にあり

潤ちゃん。今回も激しく頷いてしまいましたよ。急に似合わなくなるのって、あれ、なんなんだろうね?歳をとった、と言えばそれで終わりなんだけど、ちょっと嫌な言い方にも思えるから、健やかな言い方をすれば、自分が変化しているってことなんだろうなと思ったり。少し前までは、服を買うのも大好きで、それも作り手に哲学とか背景がしっかりしてるものを、応援というか、全て込みで纏うためにも買いたい、と思って、結構高いブランドのものを選んだりしてたんだけど、なんか自然と手が伸びなくなった。今は、楽な服(それこそウエストはゴムだったり)を、何パターンかのルーティンで着てる。楽だからなんでもいいってわけじゃなくて、やっぱりそれなりに選んでるのだけど。自分が買うものが、誰かを苦しめたりする原因になっていないといいなと思う。でも海外で作られてるものを着てる時点で、なかなか難しいのかもしれない。食べ物でもそうだけど、どうやって作られたかっていうことを知るのは大事なことだね。政治的な行動だと思う。


それで、似合わなくなったり、着なくなった服の行方。潤ちゃんはメルカリとかやってたりするの?私は一時期、結構身の回りのものを売ったりしてたんだけど、あの仕組みを見てると、自分が買ったものだとしても、それはもはや自分のものではなくて、とりあえず自分の手元にあるけど、みんなでいつでもシェアできるものであり、流動的なものなんだなーと思ったりしたよ。メルカリで買ったものをまたメルカリで売る、なんてことも普通にされてるし、それが逆に健康的かもしれないとさえ思ったんだよね。あくまで、必要な時には自分の手元にあるけど、それは巡り巡っていくものだから、自分のものでもあり、みんなで共有もしている、みたいな。


服はいい加減着古していたり、気に入ってるから手放したくないってものも多いんだけど、最近子供達が大きくなったこともあって、なんと私のお下がりを着れるようになっちゃったよ。これは嬉しかった。まだTシャツは大きめだけど、それもなんか可愛くて。おまけに、お母さんセンスいいから嬉しいとまで言われて、なんていい子たちに育ったんだろう、って。笑




NYで買ったTシャツ。いいメッセージやろ。笑

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。