• Jun

お芝居 月の子供


 私の姪っ子伊藤雛乃が「月の子供」というお芝居に出演しています。正直私はお芝居が少し苦手でした。どこか気恥かしいというか、あの独特の雰囲気に馴染めずどうしても身の置き所がない思いをいつも感じてしまうのです。

 けれど今回は映画「クハナ」の監督である秦建日子さんが、ひなを抜擢してくれて実現した初めての舞台。どうしても観ておきたくてスケジュールを合わせて行ってきました。

 幕が降りて、ひなが客席に会いに来てくれた時。私は感動して言葉が上手く出ませんでした。役者さんはどの方も素晴らしくかっこよかった。人が本気で体の真ん中から吐き出すようにして演じたものを目の当たりにして、こみ上げてくるものを抑えることができなかったのです。人が一丸となって作り上げた世界の力強さに圧倒されたのです。

 「月の子供」は明日で千秋楽を迎えます。ひな、ほんまによくがんばった! そしてお芝居の面白さを教えてくれてありがとう。


129回の閲覧

コメントはログインができない設定なので悪しからずご了承ください。